この度、当センターでは、令和2年3月13日(金)18時20分から翌3月14日(土)
午前7時までの間に、第14回全国手話検定試験受験者に係る個人情報が入ったUSB
メモリを当センター職員が紛失したことが判明いたしました。

なお、当該USBメモリはいまだ発見されておりません。

当該USBメモリには、受験者の個人情報〔受験番号、氏名、住所、生年月日、年齢、
連絡先(電話番号・メールアドレス)〕が記録されており、情報を漏えいの対象と
なった皆様には、個別に書面でお詫びとご説明をさせていただきます。

皆様の当センターへの信頼を揺るがし、関係の皆様にご迷惑と御心配をおかけする
事態を引き起こしてしまいましたことに対しまして、まずもって心から深くお詫び
申し上げます。

当法人といたしましては、紛失したUSBメモリの探索に引き続き努めるとともに、
インターネット上に情報が流出していないか等について監視を続けてまいります。
また、二度とこのような不祥事を起こさないよう新しい事業体制の確立にむけて
取り組んでまいる所存です